teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今は2016年

 投稿者:たけ  投稿日:2016年10月20日(木)03時40分0秒
  当時(2001年頃?)まだSNS等も無かった時代、小樽の花火の帰り道に列車か駅でバッタリ会った記憶も。寝ぼけついでに検索してよかった。ありがとう★  
 

夢をみて

 投稿者:たけ  投稿日:2016年10月20日(木)03時31分58秒
  野鳥を解説してくれる人が先ほど夢に出てくれて、誰だったか考えていたら15年ほど前に湖のほとりで会った高校生じゃないかと。検索したのは名前の一部でした。懐かしい。活躍してるのが嬉しいです。  

久々に

 投稿者:あんこ  投稿日:2013年 1月 8日(火)22時06分18秒
  カキコしてみるわ?
友達申請の仕方がやっぱりわかんないわ~

まぁきっと、このカキコ見るのって、半年以上経ってからなんだべね?
 

バードフェスティバルお疲れ様でした

 投稿者:GEN  投稿日:2012年11月 3日(土)16時30分45秒
  ミサゴ本楽しみながら帰路に。
しかし、今後他の猛禽類も出すなら、Kindle番何か考えてくれると嬉しいですね。
ではでは。
 

Re:

 投稿者:ざき  投稿日:2008年12月17日(水)18時29分44秒
  はりねずみさん>
こんばんは。コメントありがとうございます。
続報興味深く拝見させていただきました。
シジュウカラまだ元気なんですね。

自然に魅了される気持ちとてもわかります。
普段知っているものとはかけはなれているのが興味を引かれる原因なんでしょうか…。
 

ありがとうございました

 投稿者:はりねずみ  投稿日:2008年12月16日(火)04時40分41秒
  ざきくん、詳しい情報をほんとうにありがとうございました。
お知り合いの方にもどうぞよろしくお伝えください。

怪我をした鳥はときどき餌台で見かけていたのですが、こんな気味の悪いケースは初めてで、ほんとうにびっくりしてしまいました。
餌台、せっせとクリーニングしています。とくに感染が広がっているような様子はありませんが、写真の個体が今でも生きているのにはびっくりします。
腫瘍の部分は黒くちいさくなっていますが、完治することはないのでしょうね…。

うーん、自然って、ほんとに奥深くって難しいけど、ますます魅了されてしまいます…。
 

Re:

 投稿者:ざき  投稿日:2008年11月25日(火)07時16分40秒
  おはようございます。レス遅くなって申し訳ありません!

はりねずみさん>
知り合い何人かに聞いてみたところ、概ね同様の意見で、
鳥ポックスか癌、であろうとの事でした。
仮に感染症だとしても餌台の消毒等で感染症は防げるでしょうとの事でした。

今回の写真等は自分自身も勉強になりました。ありがとうございます☆

光昌さん>
おはようございます。投稿ありがとうございます。
カモメは深いので面白いですよね。
勉強の仕方は人それぞれなので、興味や疑問があったらなんでも聞いてください。
いいアドバイスができるようにがんばります。お役に立てれば幸いです。
それと、もしよろしけばでいいのですが、
カモメは「Gulls Board」に貼っていただけると嬉しいです。

セグロ2wありがとうございます。
写真一枚だと言えることは限られるのですが、胸の色に関しては個体差だと思います。
三重県はホイ系('taimyrensis')とセグロの線引きが難しい個体が多いので苦労しますよね。

あ、そういえば、先日お会いした後クロハラアジサシ見つけました。
さらにシマクイナと思われる声も聞きました。
あの辺は鳥が多くて本当に面白いですね!またお邪魔させていただきます。

それでは、これからもよろしくお願いいたします。
 

雲出川河口のカモメ

 投稿者:光昌  投稿日:2008年11月19日(水)11時08分36秒
  今年もカモメのシーズンがやってきましたね。
近郊のカモメたちもポチポチ撮ってますが、
ただ撮ってパソにぶち込んでおくだけの世界から
いずれ脱却しなければいけないですね。

これから、時々掲示板にアップさせていただこうと思います。
私は同定はできないし、
これではないかと名前を書き込みすることもできないですが
もし、ザギさんが関心を持たれるようなカモメがあれば
そのつどご教授願えれば。

昨日の河口のカモメから。
左端と右端の個体は顔から胸にかけての白さが違いますが
これは2個体ともセグロ2w。換羽の進行の違いだけでしょうか。
右端の個体の胸の白と腹の褐色班が比較的はっきり区切られているのが気になりました。
 

ありがとうございます

 投稿者:はりねずみ  投稿日:2008年11月11日(火)00時24分7秒
  「鳥ポックス」かもしれないのですね。ありがとうございます。写真と文の転載、よろしくお願いします。さっそく餌台を一度殺菌するのが良さそうですね。こちらだと、オーガニックの餌台掃除用洗剤も、保護団体のサイトで注文できたと思うので、購入しますね。  

Re:

 投稿者:ざき  投稿日:2008年11月 8日(土)23時50分42秒
  はりねずみさんこんばんは。投稿ありがとうございます♪

痛々しいシジュウカラですね!
病気関係はあまり詳しくないのですが、
「鳥ポックス」というのに症状が似ていると思いました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
ウィキペディアにはこんな感じで載ってました。

日本だと札幌のカラスで一時流行ったことがあるようです。

あとは、喉がぼこっと膨れて出ている、癌っぽいセグロカモメの写真を、
以前知り合いに見せていただいたことがあります。

仮に感染症だとしても、餌台を清潔にすれば他の鳥への感染がある程度防げるようです。

↓こちら。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/materials/birdflu/material5.html

僕一人の意見だとちょっと頼りないので、知り合いに聞いてみたいと思います。
写真と文、転載してもよろしいでしょうか?
 

レンタル掲示板
/23