teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


北野英明先生は?

 投稿者:アニメファン  投稿日:2014年 2月24日(月)14時26分38秒
返信・引用
  2012年10月23日に潮出版社が北野英明先生の
連絡先を探していました。
既に連絡がとれているのかもしれませんが。

http://www.usio.co.jp/html/topics/index.php
>--------------------------------------------
> 2012.10.23
>著作権者の連絡先を捜しております
>昭和47年(1972年)6月~昭和49年(74年)10月にかけて
>出版された漫画作品復刊するにあたり、
>著作権者(北野英明)の方を捜しております。
>著作権者の連絡先をご存知の方は、下記までご一報
>いただければ幸いに存じます。
>【連絡先】
>〒102-8110 東京都千代田区一番町6 一番町SQUARE
>株式会社 潮出版社 担当:北川
>電話:03-3230-0645  FAX :03-3230-0947
>E-mail:tom@usio.co.jp
>------------------------------------------
 
 

クラウドファンディング アニメソルス

 投稿者:アニメファン  投稿日:2013年 6月 2日(日)05時56分23秒
返信・引用
  クラウド ファンディングという形で、出資を募って
海外版のDVD-BOXを発行しようという企画があるようです。
読売テレビ、手塚プロ、タツノコプロなどの作品が参加しています
(虫プロは今のところ関係なし)。

http://animesols.com/
http://animesols.com/faq
 

講演会

 投稿者:McsammyJun  投稿日:2013年 5月15日(水)22時14分58秒
返信・引用
   5月19日日曜日、東久留米市で、
東日本大震災復興支援イベント
まろにえ祭り が開催されます。
真佐美ジュンも、漫画映画、制作当時の、映像を交えた、お話をいたします。
時間は19時から16時まで、
場所は、東久留米市立生涯学習センター
 2階の第一、第二、会議室です。
今は、見ることが難しくなった、フィルムも!
「ワンサーくんの初夢宇宙旅行」のラッシュプリントも、!
アトムが放送して、50周年
ドラえもんも40周年
 東京の、西のはずれ、少し遠いですが、遊びがてら、お寄りくだされば、うれしく思います。
 

かつての虫プロのスタジオが並んでいた場所に立ち

 投稿者:虫プロファン  投稿日:2013年 3月24日(日)01時32分2秒
返信・引用
  石神井公園ふるさと文化館の特別展「鉄腕アトム50周年記念 アトムが飛んだ日」を最終日の前日2013年3月23日に観に行ったついでに、富士見台のかつての
虫プロがあった場所を観に行きました。今から35年前に地方から東京にある
大学に入ったばかりの当時1978年に3度だけ訪れたことがあったのです。
その当時は,新生虫プロが劇場用第一作「北極のムーシカ ミーシカ」を
作成している頃だったと思います。まだその当時は、プレハブの虫プロの
スタジオが広い敷地に3軒くらい立っていて、2階に映写室のあったスタジオや
グループタックがそばのスタジオでまさにまんが偉人物語を制作していたり
していました。日本アニメーション社もそばにあったと思います。
西武線は地面に直にレールが引かれていて平たい駅で、駅を降りると
線路にそってまわりに農地があるまだ舗装されていない(だったかな)路を
進み、しばらく行って直角に折れて農地の中の路を進んでいくと
虫プロの白い建物があったと憶えています。
つまりまだ1978年頃は、それほど開発が進んでいなかった。
ところが35年経って今日行ってみると、まるで35年前の下北沢のような
街に化けていて、線路は高架で複々線、農地は消え、家や建物が建ち並び、
かつてのスタジオなどがあったところもまるで消えていて、
唯ひとつ虫マークのあの建物だけが残っている様子。
 35年前にはあった3台のマルチプレーンカメラや、まだ大量に残されて
いたカットや絵コンテ、台本類は(置き場が無くなっただろうから)
処分廃棄されてしまったのではないかと思うと,実に惜しいなと感じずには
いられませんでした。
 まわりをぐるっと回って、聖地の建物に手を合わせてから、戻りました。
 

これらの作品の作曲家は?

 投稿者:虫プロファン  投稿日:2013年 2月23日(土)14時45分56秒
返信・引用
  いくつか教えて頂きたいことがあります。

-----------------------------------
「おかしな1日」
大阪万博セイコー館出品/5分42秒,カラー、エンドレス
製作手塚プロダクション、1970年3月15日
この作品の音楽(作曲)担当は誰だったのでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ガムガムパンチ」、虫プロ商事、1968年4月、13分6秒、カラー
このパイロットフィルムの音楽(作曲)は誰でしたでしょうか?
ファン大会で上映されたときの印象からすれば、
冨田勲あるいは,横山菁児氏ではないかと思われるのです。
ついでに、上映時間は13分6秒よりも長かったように思えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「0マン」(パイロットフィルム)
虫プロ、1968年6月/4分、カラー
この作品の音楽(作曲)者は誰でしたでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「フライングベン」(パイロットフィルム)
虫プロ商事、1967年9月,21分11秒、カラー
これの音楽(作曲)者は誰でしたでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もしも憶えておられてすぐに分かれば、
で良いのです。
 

CSファミリー劇場

 投稿者:アニメファン  投稿日:2013年 2月23日(土)13時11分53秒
返信・引用
  CS ファミリー劇場で、2/23(土)14:30ー15:00に
「漫画の神様は不死鳥の如く蘇る」
CS ファミリー劇場で、3/10(日)
「漫画の神様『テレビアニメ創造史』」30分番組
が放映予定になっています.
 

鉄腕アトム放送50周年記念

 投稿者:McsammyJun  投稿日:2013年 1月27日(日)21時57分39秒
返信・引用
   虫プロ時代、徹夜明けで、疲れると、作画の人たちを車に乗せ、
夜明けの、石神井公園池や三宝寺池に行きました。

 その両池の境にある通りに、石神井公園ふるさと文化館だ出来ておりました。

1月19日から、鉄腕アトム放送50周年記念として「アトムが飛んだ日」を開催しております。
 私も先日行って来ました。

取材して、写真など撮って来てから、紹介しようと思っておりましたが、
写真撮影が禁止でした。

ポスターで紹介いたします。

 手塚眞さんの講演会は、定員オーバーで締め切られておりました。
高橋良輔先生の講演会は、2月1日からの受付となります。
そのほかギャラリートークが2回あります。
手塚プロの方が、見えるようです。
私も、講演会、ギャラリートークに行く予定です。

 詳しい事は、ポスターで!
 

50周年記念?

 投稿者:アニメファン  投稿日:2012年 9月17日(月)17時05分45秒
返信・引用
  2013年1月1日は、フジテレビで30分枠の週刊テレビアニメーションシリーズ
「鉄腕アトム」が放送開始してからちょうど50周年にあたります。

何か催しものが行われる予定はあるのでしょうか?

中学生の時に、放送開始からもう10年たったんだなと感慨に
ふけっていたのが今は昔です。
 

明田川進 氏 平成24年度文化庁映画賞 映画功労部門で受賞

 投稿者:アニメファン  投稿日:2012年 9月16日(日)21時57分40秒
返信・引用
  明田川進 氏
平成24年度文化庁映画賞 映画功労部門で受賞
 http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/eigashou_120913.pdf
 

映画「アニメ師・杉井ギザブロー」

 投稿者:アニメファン  投稿日:2012年 8月30日(木)07時19分27秒
返信・引用
  http://animeshi-movie.com/
映画「アニメ師・杉井ギザブロー」が上映中・上映予定です。
 

石黒昇氏逝去

 投稿者:さくえい  投稿日:2012年 3月21日(水)20時32分44秒
返信・引用
  http://www.asahi.com/obituaries/update/0321/TKY201203210546.html
既にご存知と思われますが、リンクを一応貼っておきます。
 

右手和子さん逝去

 投稿者:アニメファン  投稿日:2011年12月 5日(月)23時42分3秒
返信・引用
  http://www.asahi.com/obituaries/update/1205/TKY201112050459.html
声優で紙芝居実演家の右手和子さん死去
 

Re: 荒木伸吾氏逝去

 投稿者:真佐美 ジュン  投稿日:2011年12月 3日(土)19時50分46秒
返信・引用
  アニメファンさんへのお返事です。

 ブログに書きましたが、昨日、海外の、友人から以下のページを見るようにメールが届き、びっくりしました。
http://www.animeland.com/news/voir/3153

 今年、多くの虫プロ仲間が、先に逝っています。
まったく、フォスターのオールドブラックジョーンの心境でした。
そんななか、最近は、静かでしたのに、突然の訃報が、思いがけないところから、伝わって驚きました。

荒木伸吾先生は、森 柾(もり まさき)先生の誘いで、昭和39年に虫プロに入られました。1年ほどで、虫プロはおやめになりました。ジャングル大帝班で、わたしは、W3班でしたので、接点はなかったと思います。
私が社長室の昭和41年には、第5スタジオの先にあった、アートフレッシュと一緒の家屋ジャガードの一員となっておりました。
昭和45年、あしたのジョーで、社外班の、作画監督として、お仕事したのが、接点でありました。
 仕事には情熱を持っていて、妥協を許さず、かといって怖い人ではなく、とても、やさしい人でありました。
 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

荒木 伸吾氏(あらき・しんご=アニメーション監督)1日午前1時21分、急性循環不全のため東京都板橋区の病院で死去、72歳。名古屋市出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は妻博子(ひろこ)さん。
 後日、お別れの会を開く予定。
との事であります。
 

荒木伸吾氏逝去

 投稿者:アニメファン  投稿日:2011年12月 3日(土)18時35分47秒
返信・引用
  荒木伸吾氏 逝去

 

宇野誠一郎氏 逝去

 投稿者:アニメファン  投稿日:2011年 5月11日(水)19時04分10秒
返信・引用
  宇野誠一郎氏 84歳(うの・せいいちろう=作曲家)4月26日、心不全で死去  

出崎統監督の訃報

 投稿者:真佐美 ジュン  投稿日:2011年 4月18日(月)18時39分41秒
返信・引用
   4月17日 訃報が届きました。

虫プロ OB,OG各位様に、
頂きましたご案内いを掲示させていただきます。

訃報のご案内
故 出崎 統(おさむ) 先生 (67歳)
4月17日 午前0時35分 ご逝去致しました。
ここに生前のご厚諠(こうぎ)を深謝し、謹んでご通知申し上げます。
       記
日程   通夜      4月20日 (水) 18時から19時
     葬儀 告別式  4月21日 (木) 09時30分から11時00分
場所   多磨葬祭場
     府中市多磨町2-1-1
     西武多摩川線 多磨駅下車

あしたのジョー2クールめ、豊島園スタジオで一緒に仕事をしました思い出が一杯。
 謹んで、ご冥福をお祈りいたします。
 

出崎統氏 逝去

 投稿者:アニメファン  投稿日:2011年 4月18日(月)13時14分17秒
返信・引用
  http://www.asahi.com/obituaries/update/0418/NGY201104180010.html
出崎統氏 逝去 67歳 肺癌

悲しい。
 

Re: 村野守美氏逝去

 投稿者:真佐美 ジュン  投稿日:2011年 3月19日(土)09時23分17秒
返信・引用
  > No.84[元記事へ]

アニメファンさんへのお返事です。

> http://natalie.mu/comic/news/46129
> 村野守美氏逝去、69歳

 13日のご葬儀に、行ってまいりました。
虫プロ時代、おたがい「先に死んだら、折れた線香の一本もあげてくれや」と言っていたので、私など行ったらご迷惑をかけてしまうのでは、と思いましたが、勇気をだして、お別れしてきました。
 遺影の写真は40年もたったのに、まったく昔の面影でした。
水島 新司 先生のお別れの言葉には涙が止まりませんでした。

 LOSTのジョン・ロックが思い浮かび、手塚先生や先に行ってしまった仲間たちと、飛びまわっている様子が思い浮かびました。

 ご冥福をお祈りしました。
 

村野守美氏逝去

 投稿者:アニメファン  投稿日:2011年 3月 9日(水)10時04分30秒
返信・引用
  http://natalie.mu/comic/news/46129
村野守美氏逝去、69歳
 

書籍:アニメが「ANIME」になるまで

 投稿者:アニメファン  投稿日:2011年 1月22日(土)10時01分50秒
返信・引用
  英語版も買っていたが、いろいろと日本の事情について誤解があるなと
思っていた。日本語訳では、いろいろと訳注で説明がついていたので買った。


書名:アニメが「ANIME」になるまで
   フレッド・ラッド/ハーヴィー・デネロフ著、久美薫訳
   NTT出版、ISBN978-4-7571-4229-9、
定価:2800円+税

フレッド・ラッドは、虫プロの鉄腕アトム、ジャングル大帝の
テレビシリーズ英語翻訳版を作るなど日本のテレビアニメの
黎明期にアメリカ側で作業をしたのをはじめとして日本のアニメと
かかわってきた人(手塚治虫のエッセイなどにも当時の事情の一部
として出てくる)。この本には当時の虫プロの事情や手塚治虫との
交渉話などが出てくるが、特に日本側としては興味深いのは、
日米間のテレビ放送文化におけるカルチャーギャップであろう
というかそれが読みたい動機であった。
 ただし、どうしても、自慢話のようになる傾向は否めないし、
悪く思われないように事実を曲げていると感じられる箇所もある。
 

レンタル掲示板
/5