teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ジューン・ブライド

 投稿者:炎螺旋  投稿日:2010年 6月21日(月)11時37分0秒
  ひさしぶりの投稿です。
これが、○いニュースの掲示板だと(部分的とはいえ)「HP復活きたああああぁぁぁぁぁーーーーーーーーー」と書いてお終いだったでしょう。それくらい、嬉しいことだと思ってください。

さて、話は変わりますが、復活したHPの内容を見て思ったことがあるのはタイトル通りの言葉です。「花嫁さんきれいだな~」(子供か、僕は)や「結婚式を六月にやる特殊な意味あるのかな?(スケジュールの予定もあるでしょうが、「ジューン・ブライド(六月の花嫁)」という言葉があるのは気になる。)」などと素朴な疑問や感想を持ちつつ、一番思っていることは、「自分にも花嫁さんが来るのかな」、「来たとしてもいつになるのかな」といった漠然とした不安です。(ちなみに僕は男です)
嗚呼~いつになったら結婚できるんだろう。
 
 

ご承知の通り、

 投稿者:HPあるじ  投稿日:2010年 5月 8日(土)23時32分45秒
  大学のHPの更新を今日やめました。
もちろん、いろいろな理由があります。

実感として、HPで現役生や(一部の)卒業生がつながっていることはわかっていますので、半分くらいは(もっと多くかな?)止めたくないのかもしれません。

ただそれでも止めるのは、もう管理職として3年を経ようとしており、全体との調和を考えてもいい年(=考えなくてはいけない年)になったと言うことです。…これは、はっきり言って「きれい事」です。

いずれにしても、この掲示板でさえ、大学のHPから回ってくる場合には、そのリンクが消失しましたので、ここに来ることはできなくなってしまいました。

意識的にこの掲示板を抑えてくれている人だけが参加することになります。

この掲示板は降ろすつもりはありません。

タイトル通り、「言いたいこと」が言える場として、残しておきます。

私も、何かあった場合には、せいぜい利用したいと思います(^^)v。

これまで通りおつきあいください。
 

ご無沙汰です。

 投稿者:HPあるじ  投稿日:2010年 4月12日(月)12時20分8秒
  管理人ともあろう者が、投稿していただいたものを読むだけ読んで、自分は何も投稿しないというのはマズイです…と思いつつ、なかなか手が回らなかったのが現状です。
清香水果茶さんが話題にしていたオリンピックもとうに閉幕し、東海大学が有名に…(とは東海大学の教員をしている友人の弁)。
新年度が始まりました。若々しい、爽快な風が大月に吹いています。今の気持ちを忘れなければ、きっときっと2年間は有意義なものになるはずです。ガイダンスをやって、毎年のことですが、もっと要領よく話したかった…という後悔があります。高校から大学にはものすごく大きな変化があり、それを短時間で話すのはとても大変です。そもそも単位とは…から始めます。自分が同じ立場にいたのはもう大昔のことで…もっともっと丁寧に話せばよかったと思う今日この頃です(反省)。
218名の新入生のうち、すべての人が「大月に来てよかった」と思えるようにがんばります。もちろん、この掲示板も…(苦笑)。
 

日本!加油~

 投稿者:清香水果茶  投稿日:2010年 2月27日(土)07時08分54秒
  大家好!我是清香水果茶。オリンピックが始まっていますね。私よりも若い子達の活躍と、強靱な精神力に感動し負けていられないと思っています。今日がダメでも明日が…って、思う自分の甘さを改めて反省しました。  

遅いタイミングですが…新年快樂!

 投稿者:清香水果茶  投稿日:2010年 1月19日(火)02時29分48秒
  先日、昨年就職した〈元学生〉と会う機会がありました。元気そうでしたが、社会の厳しさを日々感じているようです。
話を聞くだけで、私からは〈信じた道を、元気に進んでね!〉と伝えました。(上から目線ですが)まだまだ、甘いなと思うこともありました。が、ここで説教をしてみても、算了!(もういい)となるかなと。
人生における3年って、不思議な数字だと思っています。1年目は、何が何だか分からずに。2年目は、ちょっと余裕が出て笑顔も増えて。3年目は、後輩もできて仕事も体系的に見えてきて…できてる(つもり)という錯覚に陥りやすい。4年目で、自己分析に入り〈未来〉について少し考えたり。5年目で、立場が変わり本格的に自分と向き合ったり。おまけとして年数を重ねる毎に、コミュニケーション能力が必要になってきているなぁと実感しています。
仕事を頼むとき、褒めるとき、そして注意するとき。自分をなるべく客観視するよう心がけています。

3年の間に、自分なりの仕事に対する楽しさを見つけるのは難しいですが意識する事が何事も大事かなと、我が身を振り返ってみての感想です。
加油~!
 

成長期

 投稿者:キラキラ  投稿日:2010年 1月14日(木)22時15分29秒
  遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

学生時は同世代の集まりで1日を過ごしてましたが、社会に出て、色々な世代、立場の人と会い、自分の未熟さも感じます。

たまに今の現実から逃げ出したい時もあります。3年が勝負汗3年以内に辞める後輩が多いのも事実です。
『仕事が楽しければ、人生楽しいはず』と言われました。起きてる時間の半分以上は仕事らしいです。
確かにそうかもしれません
 

耳が痛いです。

 投稿者:HPあるじ  投稿日:2009年12月14日(月)08時39分9秒
  久しぶりの投稿です(相変わらずの管理者の無沙汰をお詫びします)。
このページの管理者ということもあるのですが、大学でも「部長」という名前の管理者になっています。最近の方向性として、どんどん若い先生方にも仕事を下ろそうというのがあります。とってもいいことだと思っています。やはり、やってみないとわからないことが多いです(経験談)。役職なしの時と今では、間違いなく(この私でさえ)意見が変わってきたと思いますから。広い意味で人の痛み・苦労を知ることができたから・・・だと思っています。
少しずつ上(?)になると切実に感じるのが、「場合によっては譲らない場面が出て来る」こと。もっと言うと、個人的にどう思っていようと、「仕事的にやらなければならないことがある」ということ。それは、「切る」ことであったり、「説得すること」であったり。これがそれなりの経験が必要とされる原因のような気がしてます。
「周囲の人の頭(功績)を押さえつけて伸し上がる上司にだけはなるな」という言葉頂きます。ただ、この職業だからでしょうか、私個人の問題でしょうか、よくわかりませんが、出世欲みたいなものは皆無なのです。もちろん、給料とかは上がってほしいし、職場環境とかの改善は望んでいますが…。
多くの学生と接しながら、どんなふうに社会で頑張るのだろう…と期待半分、心配半分でいるこの頃です。もう、卒業が見えてきているからでしょうね…。
 

立場は人が作る

 投稿者:清香水果茶  投稿日:2009年11月30日(月)20時54分59秒
  上司の方々とお会いして思うこと…上司も人間なんだなぁ!当たり前ですかね?

新人の方々とお会いして思うこと…良く話すなぁ!私語ではなく、意見という意味です。


勤続数年、それなりの立場と私には部下が居ます。私の仕事は、人を管理する事です。人を管理する事は、時間と仕事内容を把握し判断をしていく事…汗。
昔、上司から言われた言葉で、周囲の人の頭(功績)を押さえつけて伸し上がる上司にだけはなるな、と言われた言葉があります。本当に求められる上司は、周囲の人を引っ張り上げられる力を持つ者。また、周囲から引っ張り上げられる力を持つ者。お山の大将ではいけないんだよ。と、付け加えて話をしてくれました。

今年就職した学生に贈った?言葉は〈この人は!〉と尊敬する仲間、先輩、上司を見つける事と〈尊敬しない〉人達の分析をし、反面教師とするだけでなく、受け入れる寛大さを持って社会人となって欲しいと伝えました。
学生時代は、嫌いな人と避けて生活できたけれど社会人は、それでも一緒に仕事をしなくてはならない。人の批判は誰でもできます。難しいのは、その人を受け入れられる力。
私はマダマダです。
 

成長

 投稿者:キラリ  投稿日:2009年11月18日(水)08時21分34秒
  社会に出て数年。新人教育もしたり、色々な立場になりました。

私は仕事でtopに立とうと目標が出来て、上司から色々見て盗んでます。

新人教育して思ったことは、『これは誰々の仕事と』決めている人が多い。補佐に回って、仕事をもらう事をしない。言われて与えてもらうものと思ってる人が多い。
前の私もそうでしたが…。
失敗できるのも新人のうち。年数たつと怒られる。

私は今、上司の座狙ってます。大変だと思うけどやりがいはありそうです。
 

後期が始まりました。

 投稿者:HPあるじ  投稿日:2009年 9月27日(日)01時53分49秒
  皆さんに投稿してもらっていて、自分が何もしない怠け者の「あるじ」です。
清香水果茶さんは海外にいらしたようですね。
文面からはとてもいい旅行だったようにお見受けしました\(^_^)/。
旅行は「非日常」なのですが、時には必要だと思っています。
わたしは、そんなに普段から大変なことをしているわけではないですが、
でも、旅行に行きたくなります。
ただ、気が小さいので、行った先々で、
日本語の使えるPCの置いてある場所を探してます…。
仕事上で、仕方のない部分もあるのですが、でも「気の小ささ」が最も大きい理由です。

ボキャブラリーの乏しさ…私は日本にいるときも感じています。
もっと自分の「言いたいこと」を、ズバッと言い表せる言葉があるような気がするのに、
それが出てこないのです。
授業中もそう…。会議中もそう…。悔しいと言いますか、まどろっこしいと言いますか…。
思いたつと(特に電車通勤で時間はたっぷりありますので)本を読もうとしています。
ささやかな抵抗といったところです。

ただ、隣にいて漏れてくるリズム音を聞くと、迷惑だな~と思い、敬遠していたのですが、
衝動買いで、i-pod的なもの(私の年代では「ウォークマン」なのですが…)を買いました。
↑の経験がありますので、また電車の時間が2時間以上と半端なく長いこともあり、
私のその中味はその殆どが落語です。
こんな風に授業ができたら…と思いつつ、古典を聞いています(^^ゞ。

清香水果茶さんの書き込みを見て、少し音楽も入れてみようかと思いました…。
芸術の秋、読書の秋、食欲の秋…何でも当てはまりようになりたいです。
後期も頑張ろうと思います。(^^)v
 

中秋節快樂!

 投稿者:清香水果茶  投稿日:2009年 9月26日(土)00時53分31秒
  暫し旅行に出かけていました。
たくさん眠り、たくさん喋り、そしてたくさん笑った旅でした。


旅して感じ、反省することは、自分の<地元>を表現しきれない事。

文化や風習、考え方など。自らのボキャブラリーの乏しさを痛感し帰国します。

周囲に笑われてしまいそうですが、その溝を埋めるのに<歌>が有効であると最近知りました。

一番は、言語の修得ですね(;^_^A たはは
 

ハマる、きっかけ

 投稿者:清香水果茶  投稿日:2009年 8月24日(月)00時55分41秒
  【勉強】と聞いて、皆さんは何を思いますか?つまんない、面倒くさい…それとも、楽しい、好き……等。さらにさらに!知識を得る事を楽しいと感じた時は、どんな時でしたか?


機会があって、中等部のいわゆる〈総合学習〉の時間を頂戴し授業をさせて頂きました。テーマは百科事典の使い方。辞典・字典との違いから、特長や使い道。実際使ってみての実習など、あっというまの50分間でした。生徒達の記憶にどれだけ残ったか、分かりません。反省点も多々あり、完璧な仕上がりではありませんでしたが。私が、強く強く願った事は、知識は与えられるのを待つことは無いんだよ!と言う事でした。仕事をする上でも、たまーに、上司や先輩から与えられるのを待つ人が居ます。それが良いのか悪いのかは分かりませんが、楽しいのかなぁ?と思う事があります。


今、新書にハマっています。軽いし、手頃なサイズでテーマも幅広いので。


アルパカって、興奮すると唾を飛ばすらしいです!


学問の話ではありませんね(汗
 

最近思うこと…。

 投稿者:HPあるじ  投稿日:2009年 8月15日(土)21時44分29秒
  集中講義なども無事に終了しました。学生はいよいよ本格的な休みです!この頃学生の様子が変わって来たと思うことは、「熱さ」がないと言うことです。「草食系」に分類されるのかもしれません。今はそれが流行かもしれません。年齢も違うし価値観を強制するつもりはないけれど、もっと熱くなってもいいんじゃない!と思ってしまいます。かといって、全くやらない(=手を抜く)でもないんです。上手く言えないけれど、私の指導力のなさなのかもしれないけれど…(^^ゞ。何事においてもそう(感じます)。「平均点当たりをうろちょろ」の感じです。結果とか、何か目に見えるものがあって、ようやく自覚するのでしょうか。このままだと、あるいはこうしたら、自分がどうなる、ということをもっと想像して欲しいな、と思います。結果が出ないうちに気づいて欲しいな、と思います。保護者のようになってしまうけれど、「みんなが燃えることは『それ』じゃないのだよ!」って言いたいです。
ここのところ、それを「痛切に」感じざるを得ないことが続きました。ちょっと寂しいです。
 

残暑お見舞い申し上げます。

 投稿者:HPあるじ  投稿日:2009年 8月 9日(日)12時13分0秒
  早いですねぇ。暑さが本格的になったか、ならないかなのに、もう「立秋」を迎えています。大学では、まだ来週に、下記の集中講義があり、授業は続きます・・・。
今日はオープンキャンパスなのです。大月短大に入りたい、あるいは、どんな大学だろうと思っている生徒とその保護者が来校します。私の受験の頃には、オープン~はなかったように思います。その分、学祭に行った記憶がありますが、遙か昔のことなので定かではないです(^^ゞ。
先日、卒業生から結婚式への招待状を出したいが予定はどうか?との打診がありました。うれしかったです。卒業してから「会いたい」とお互いに言っていながらも、予定がつかなかったり、そちらに行く用事がなかったり・・・。結局、彼の結婚式が再会の場になりそうです。「いくつになった?」「26です。」そうかぁ・・・。そんなに経つんだねぇ。10月はまだまだ先だけれど、今から、どきどきして、首を長くして待っています\(^-^)/。
「自分ができる努力」ができる人ってそんなに多くないのではないか、と思うのです。甘いでしょうか・・・。私は全くできていませんから、余計にそう思うのかもしれません。(^^ゞ
 

嗚呼~今年も、夏が来ねぇ

 投稿者:炎螺旋  投稿日:2009年 8月 6日(木)10時08分31秒
  気温の上では冷夏でも、湿度があるからこの夏も蒸し風呂以外の何者でもない。だから部屋では除湿機つけてます。その結果冬のように寒く感じることも…って話が脱線してますね。

叶わなかった<夢>、過ぎ去り取り戻せない<時間>、これほど残酷なものはないと思います。それゆえ叶った若い人たちを見て「若い彼らがうらやましい」と思う自分がいる現実。(って前も言ったよなこれ)
叶わなかった夢は代替できないものです。「代わりに~がある」などは泣いた人の気持ちを酌むことができないから、言える言葉だと考えています。代替物を虚しいと言うのは失礼ですが、そう考えてしまう時があります。叶わない夢の代わりを拒む人と、代わりを「ありがたく思え」などという人、どちらが傲慢といえますか?自分は後者だと思っています。

今気がついたけど、人の書いたものに便乗ばっかしてるなぁ。(大方清香水果茶さんのに)今度自分から吹っかけてみようと思います。
あと前述のことでひとつ弁明しますが、今ここにいることを自分は後悔していません。テレビ東京は見れるし、いい先生にも出会えた。このことは、ここにこなければわからなかったです。
 

冷夏

 投稿者:清香水果茶  投稿日:2009年 8月 5日(水)20時15分34秒
  8月に入り、なぜか寒暖の差が激しい日々を体感しています。ニュースでは冷夏を知らせていました。……………………………………思い出します、遥か昔に某資格試験を受けた〈夏〉も冷夏でした。あの頃、自分ができる努力をしないでいました。今、後悔しても遅い取り戻せない〈夢〉。
今も悪くない現実、けれどこれが本当に目指すものだったのか…となれば、躊躇致します。
 

最近思うこと。

 投稿者:HPあるじ  投稿日:2009年 6月15日(月)00時46分6秒
  ありがちなことで申し訳ないのですが、私も「本当にこれでいいのか、自分は!」という壁にぶつかっています。「他人の芝生は~」というけれど、この職業って、前進感がないのです。前からもうすうす感じてはいたのですが、最近、忙しさが増すにつれ、考えるようになってきました。鬱の始まりでしょうか?
自分なりに一生懸命やっているのに、何か周りはそれに対応して動かないような…。どこかで見返りみたいなものを求めているからかもしれません。だからこそ、ちょっとした一言のありがたみとか、鋭く刺さる厳しさとかを感じます。もちろん、善意に解釈すればいいのだろうけれど、普段の行動などからもそういうのが全く感じられないのは本当に寂しいです。気を遣ってくれるメールとかは、ジ~ンと心に染みいります。何気ない言葉ですが、相手への気遣い、気持ちが入っているのといないのとでは、全く違うし、仕事をはじめ何かをする「意気込み」が変わってくるのです。
いろいろな壁が進路を立ちふさいでいます。でもそれで進むのをやめるのか、進路を変えるのか、克服するのか…場合、状況にも依るのだろうけれど、とても大きな問題です。そしてそういうことは、みんな、100人いれば100人が経験していることだと思うのです。
頑張ればそれなりのご褒美がある…と信じています(甘いかもしれないけれど)。誰かのちょっとした一言がヒントになったりすることもあります。月並みだけれど、頑張りましょう。応援しています。私もできるだけ壁を乗り越えられるように、頑張ります。
PS:それにちょっと関係するかも…ということで「アントキノイノチ」という本を薦めさせて下さい。m(__)m
 

梅雨入り

 投稿者:清香水果茶  投稿日:2009年 6月12日(金)01時30分18秒
  じとじと、じめじめイメージの梅雨がやって参りました。インフルエンザも少しは治まりますように。


ここに来て、仕事の壁にぶつかっています。
学部時代は、嫌な事、したく無い事はスルーできたのに。社会に出ると、正面から向き合わなければならない事もある。

それでも朝は来る訳で、元気に気持ち切り替えて参りたいと思います。
 

適切な対応を!

 投稿者:HPあるじ  投稿日:2009年 5月25日(月)08時54分45秒
  利用している中央線、横浜線、東海道線、東京メトロ、京急線…マスクをしている人の数は多くないですね。関東が、大阪・神戸のようになっていないという認識なのだと思いますが。機内検疫にしても、政府の対応にしても、マスコミの現地リポートのやり方にしても、いろいろ言われているようですが。大事なことは、かからない、かかってしまったらうつさない、ということですね。先日群馬から遊びに来た友人は、群馬に持って帰らないようにとマスクをしていました。それと同時に、マスクをしていない人が多いのに驚いていました。
関西への出張もGOサインが出ました。向こうに行くと、マスクが当たり前なのかもしれません。マスメディアの報道とかは参考程度にとどめ、自分なりに判断、行動することが大事ですね。今日は、彼女に触発されて、通勤時にマスクをしてきました(*^_^*)。
それなりにこちらにも来るのは明らかですね。まず手洗いとうがいです。(*^^)v
 

新型インフルエンザについて

 投稿者:炎螺旋  投稿日:2009年 5月22日(金)10時56分58秒
  ついに東京にもやってきました。しかも八王子に。まずいですよ、大月近いですよ。それでも交通機関は止めませんから、中央本線のあるところはいつやってきても不思議じゃないから不安です。神戸や京都、埼玉などはもっとやばいだろうなぁ。

気になったことは、ここ近年の鳥インフルエンザ、ノロウイルス、サーズに比べて警戒のレベルが跳ね上がっているように感じます。もっとも、鳥インフルエンザにしたってニワトリを処分してますし、BSEにしたって牛丼が食べれなかったらしいのですが。それでもマスメディアがここまで騒いでなかったように思えますが、どうですか?
 

レンタル掲示板
/20